2014.06.22 Sunday

黒白猫クイズ。

0
    さて、問題です。
    生後六ヶ月頃の写真。
    この猫、ダーレだ?









    1. まだまだ問題山積、Iさん宅の預かり猫、太一くん。






    2.お市ちゃんLOVE。Nさん家の甘えん坊猫、清正くん。






    3.八代在住澤田さん家のおしゃべり猫、大ちゃん。






    4.大畑家のドン、ギャロちゃん。





    5.ある猫(選択肢中の猫の赤ちゃん時代です)









    答えは4番、ウチの猫、ギャロ。
    ただいまダイエット中で6.2キロの11歳。



    生後六ヶ月の頃、
    ご近所のミニチュアダックスに吠えられ
    ソーセージを供えられ??
    身動きできなくなっている所を保護。

    里親を探していましたが、
    結局ウチで飼うことに。

    馬がギャロップするように
    全速力で走りまくっていたことと、

    ちょっと悪そーな顔していたので
    イギリスの俳優ヴィンセント・ギャロにかけまして
    「ギャロ」と命名。

    しっぽが大好きで、
    ドスンドスン、、、
    自分のしっぽで遊んでみたり、

    2歳のタマラのしっぽで
    パタンパタン、、、
    遊ばせてもらったり。

    甘えたい盛りの11歳です。
    これからもよろしくお願いします。


    ちなみに5番の仔猫は2番の清正くんの幼少の頃。

    黒白猫には何かと縁があるようです。
     
    2014.04.19 Saturday

    猫、手術の季節

    0

      もらっていただいたラスト5匹の猫たちも
      生後6ヶ月を過ぎまして、
      去勢or不妊手術の季節となりました。

      その連絡をとりあっている最中に
      成長した現在の写真をたくさん送ってもらいました。

      可愛いので、
      自分だけが見るのはもったいないので
      この場を借りまして、、、



      まずは、キジ猫のリンちゃん。
      今度の火曜日に手術予定、がんばれ。



      可愛いですね、水玉に埋もれるリンちゃん。



      次は、最後の最後に幸せをつかんだシンちゃん。右側です。



      シンちゃんは、先週手術を終えました。
      よくがんばりました。先住猫「にゃんこ先生」に甘えています。



      さて次は、阿蘇で暮らすレオンくん。
      レオンくんも先週手術完了。これで安心です。


      いいですね。
      フツーに洋服着てます。寒いですからね、山は。


      あと、八代に行った大ちゃんも先週手術完了。
      下痢も治ってよかったね。
      リードつけてお散歩猫になっているそうです。


      残るは、ユキちゃんのみ。

      みんなが手術を終えたら、私の仕事も一段落。
      あとは、それぞれの飼い主さんに任せるとしましょう。

      気が向いたら、メールください。みなさん。

       
      2014.04.09 Wednesday

      太一ロス症候群

      0

        太一くんを預かってくれたIさんから
        最新の写真が届きました。



        うーーーん!! 兄弟愛。
        太一くん、幸せそうです。
        よかった。



        でも、太一くんがいなくなって、
        わが家は静まり返っておりまして
        何だか物足りない。
        争いが起きないよう、常に気を配っていたので。

        これが普通だったはずですよね。

        なんとなく、太一ロス症候群。
        ま、時間が解決してくれるでしょう。
        この一年、仔猫が絶えた時が
        ありませんでしたから仕方ない。

        さて、落ち着きを取り戻した大畑家。
        タマラは2歳になり、

        ポットで暖をとるポット猫から


        インターネットの電波を飛ばすwifi機器で暖をとる
        wifi猫になりました。




        ギャロはダイエットに成功し、6.2kgに。



        食欲も甘えも絶好調。

        しばらくは、この二匹体制を楽しむことにしましょう。
         
        2014.04.04 Friday

        太一、続報

        0
          前述の通り、
          兄弟猫タローが居る
          Iさん宅に預けてみることにした太一くん。



          どうなることか、ハラハラドキドキ。


          1日目、威嚇するタロー、おびえる太一。
          4ヵ月ぶりの兄弟の再会は難しいものでした。
          どちらも見違えるように成長していますから、、、

          2日目、何とか一緒に遊んでいる様子。
          「もう大丈夫そう」という連絡が入り
          胸を撫で下ろす。

          3日目、前日はつかの間の和解だったよう。
          太一はおびえた状態。
          ほぼ二倍はあるという巨大タローの驚異は続く。
          二倍は大げさだと思うが、、、
          落胆は大きい。様子を見るとの事。
          待つしかない。

          4日目、
          「ご心配かけました。もう大丈夫。
           10年前から兄弟みたいに仲良く遊んでいます」
          との連絡に小躍りする。
          太一くん、がんばったな。にわかに浮かれる私。

          よかった、よかった。よかったです。
          写真も送っていただき、安心しました。


          しかし、わが家はといいますと、
          問題児・太一くんがいなくなり
          急に寂しくなりました。
          寂しい、寂しい、寂しすぎます。
          計4ヵ月一緒に居たのですから
          仕方ないですね。


          タマラと喧嘩しないように
          太一くんが時折入っていたケージ。こんな感じでした。



          空になったケージで、なぜかタマラが寝ていたりします。
          太一の匂いに包まれて。嫌いだったはずなのに。

          しばし太一くんのことはIさんにゆだね、
          ゆっくりするとしましょう。



          おまけに他の猫達の近況です。

          保護されてもらわれて、
          捨てられてまた保護された仔猫
          シンちゃんの最新の写真。
          右がシンちゃん。
          ドリーミー。夢見るような可愛さです。






          少し前の新聞に載っていたのは、
          レオンくんを飼ってくれているYさんのお仕事中の様子。
          右側の女性です。いい笑顔!!



          レオンくんは、この子。



          カドリードミニオンでツキノワグマを
          自宅でレオンくんを飼育するという
          夢のような女性です。がんばって!!

          次はもらってもらった仔猫達の
          去勢&不妊手術。
          これが終われば、仔猫物語、ひとまず完結です。

          太一くんの問題を除いては。

           
          2014.03.31 Monday

          どうなる?太一の春

          0


            熊大の卒業式もとっくに終わり、
            社会人一年生が新たなスタートをきる季節。

            そんな太一の飼い主は
            今いったいどうしているのだろう、、、、
            メールをしても返事は来ない。

            そして今日は31日。
            満を持して、電話してみました。


            出ません。


            と、メールが来ました。
            以下、全文掲載。※本人の許可なし

            ______

            申し訳ありません、
            メール作成中のまま送った気になっていました…。
            無事卒業できました!ありがとうございます。
            連絡遅くなり申し訳ありません。

            卒業式の時に顔を見せようかと思ったのですが、
            予定がカツカツで叶いませんでした 。

            とりあえず僕は今研修で東京にいるのですが、
            これから先研修を終えてからの勤務地がまだ発表されていません。
            希望は熊本なのですが、
            3カ月はこっちにいなければならないようです。

            太一をまた飼いたいという気持ちはずっとあるのですが、
            明日から東京という知らない土地で社会人ということもあり、
            期待とか不安とかで気持ちが非常にふわふわしています。
            少し慣れてから気持ちが固まるまで
            結論を待って頂いてもいいですか?
            自分勝手で申し訳ありません。

            ______

            まったく、もう、
            自分勝手なヤツですよ。

            でも、これって正直な気持ちだと思うのです。

            どうでもいいなら、
            とっくに言ってるでしょう?
            「もう飼わない」と。

            あと少しだけ、Hくんに時間をあげたいと思います。
            そんなに長くは待ちませんが。。。。。



            太一くんがらみで、いいニュースもあります。

            太一の兄弟猫タローを飼って下さっているIさんが
            「太一を預かってもいい」とのこと。

            太一とウチのタマラが不仲なのが
            わが家の悩みの種なので、
            本当にありがたいお言葉です。

            ただ、兄弟だからといって
            うまく行くとは限りません。
            離れていた時間、すさまじい成長ぶりで
            思いがけずお互いをライバル視してしまったり。
            これはウチのタマラとの関係なのですが、、、

            でも、会ってみなければわかりません。
            チャレンジです。

            結果は、また後日。

            写真は昨日の太一くん。
            人の気も知らないで呑気なもんです。

            2014.03.15 Saturday

            マララ、シンちゃんになる。

            0
              特に相性が悪いか、どちらかが高齢猫か、
              どちらかが繊細か、相手をライバル視しているか…

              何か特別な理由がない限り
              普通、猫は三日で仲良くなる。

              という私の説が
              にわかに現実味を帯びてきました。

              吉報です。

              保護されて、もらわれて、捨てられて、
              また保護された子猫
              マララちゃんのお試し預かりが丸三日で終了し、
              正式にもらっていただくことになりました。

              ありがとうございます。
              ありがとうございます。

              新しいお名前は「シンちゃん」。

              由来は、

              『新入りちゃん新入りちゃん』と呼んでたんで『シン』にしました〜

              だそうです。


              シンちゃんのシンは「新」なのです。



              先住猫ちゃんと仲良くなれたんですね。
              写真が送られてきました。



              こんにちは、できました。
              猫のあいさつです。


              実はもう一匹も、メスの三毛猫ちゃん。
              歳が近いので仲良しになれるでしょう。
              お名前は「先生」。
              三毛猫、先生、ニャンコ先生、、、
              ハハーン、あれだな。もっと太らなきゃ。
              ニャンコ先生が一緒なら安心です。

              先住猫ちゃんの方が濃い色合で
              シンちゃんは
              特に茶色というか黄色の部分が
              カフェオレ色。

              そこが魅力のひとつです。

              安住の地を見つけたシンちゃん。
              今度こそ、今度こそ、
              一生甘えて暮らしてください。
              Tさん宅で。

              Tさんとは津山さん。
              熊本市西区新土河原で
              津山商店という八百屋さんを経営する女性オーナー。

              ウチに来られた時、ご主人だと思っていたのは
              従業員の方だったのです。

              頼りになる姉御という雰囲気の津山さん。
              本当にありがとうございました。



               
              2014.03.12 Wednesday

              救世主あらわる。

              0

                仕事帰り、ケータイが鳴りました。
                見知らぬ番号?

                出てみると女性の声。
                「はり紙をみたんですけど」

                はり紙?

                まだどこかに貼ってあったのか?

                「もう、もらわれましたか?」

                もらわれたが、
                捨てられて戻ってきました。
                事情を軽く説明すると、
                「見てみたい」と。

                「今からでもいいですか?」

                いいですとも、いいですとも。

                しばらくしてやって来たのは
                三十代くらいのご夫婦。
                八百屋さんを営まれているそうです。

                ちょうどマララと同じくらいの猫を飼い始めたばかりで
                もう一匹、、、と。

                夢のような展開です。

                直前までワーワーうるさかったマララ。
                奥さんの膝に抱かれたとたん、急に落ち着きました。
                奇跡です。

                まんざらじゃないよ、と、
                目線を送ってくるマララ。

                この人かも、、、救世主。

                まだ情緒不安定なので心配ではありますが、
                奥さんの膝での安定ぶりを見れば
                イケルのでは?と。

                「良かったら一週間くらいお試し預かりもできますよ」

                すぐに、という意味ではなかったのですが、

                「今でも?」

                いいですとも、いいですとも。

                というわけで、マララは今日からトライアル。

                ごはんと爪研ぎと、下痢止めの薬をお供に
                マララは去っていきました。

                もう、祈るのみです。
                神や仏や八百万の神様に。

                さぁ、どうなるマララちゃん。
                新しい名前が付くのかどうか?
                乞うご期待。



                頼むぞ!! Tさんご夫婦!!

                連絡待ってます。

                急すぎて何だか寂しいぞ。
                ダメ元で待ってます。心から祈ってます。
                2014.03.12 Wednesday

                マララちゃん消化不良。

                0


                  ちょっと下痢ぎみ。

                  マロンちゃん改めマララちゃん。

                  ギャロのワクチンより急を要すと思い、
                  マララちゃんだけを
                  とりあえず病院へ。



                  マララちゃんは、
                  かなりの消化不良で抗生剤と下痢止めの注射。
                  抗生物質と検便とレボリューション。
                  虫下しと蚤の駆除です。
                  短期間ですが野良ちゃんだったので仕方ない。
                  ウチのにうつっても困るので、ですね。

                  その間、マララちゃんは大騒ぎ。
                  殺されるんじゃないかという断末魔の叫びが、、、
                  かわいいお顔が、ムンクの叫びのようになっておりました。

                  特に、お尻に体温計を突っ込まれた時。
                  下痢で気になるのでしょう、
                  何度も自分でお尻をなめてしまうので
                  マララちゃんの肛門は
                  真っ赤にはれていたのです。

                  そりゃ、痛いわぁ。ごめんごめん。

                  しかし、他には特に異常なし。

                  松村犬猫病院のみなさん、
                  お騒がせしました。

                  もう、彼女は不安でたまらないのです。

                  2日目、ウチでも
                  甘えて甘えてしょうがない。
                  一人になるのが嫌なのです。
                  落ち着くまでしばらく待ちましょう。

                  前足フミフミ攻撃はエンドレスで続きます。

                  つづく。

                  今日もロクな写真、撮れず。

                  2014.03.10 Monday

                  速報、マロンちゃん発見!

                  0
                    昨日ブログに書いてからの急展開。
                    今日、マロンちゃんが
                    無事に新町で保護されました。

                    地域猫のごはん大会に参加しようとしたのですが
                    やはり新参者なので邪険にされていたようです。

                    若干不安もありましたが、
                    とりあえず
                    マロンちゃんはわが家へ緊急避難。

                    少し大きくなったマロンちゃんは
                    うす汚れていましたが、
                    ずーーーーーーっとゴロゴロ言って
                    小さく「にゃ」とアピールしました。

                    軽くシャンプーして、
                    水飲んで
                    ごはん食べて、

                    膝に乗って甘えて甘えて
                    母猫に甘えるように
                    前足をフミフミ、フミフミ。


                    短かったとはいえ、
                    野良猫暮らしは大変だったのでしょう。
                    ちょうど寒かったりしたし、、、

                    ギャロのワクチン接種もあるので
                    一緒に病院に行こうと思います。
                    健康診断。


                    ウチの猫・ギャロとタマラと仲良くできるのか?
                    実のお兄さんである太一が可愛がってくれるのか?

                    まったくわかりませんが、、、、


                    預かると同時に
                    猫の里親探し、再始動です。


                    もう、マロンちゃんとは呼びません。

                    うーーーむむむ、何と呼ぼう。

                    マロンに反応するので、「マ」のつく名前か?

                    とりあえず今日は「マララちゃん」と呼ぼう。
                    困難を乗り越える女の子のイメージで。
                    パキスタンのマララさんにあやかって。

                    興奮なのか戸惑いなのか
                    マララちゃんは落ち着きません。
                    なので、ロクに写真も撮れません。

                    ゴロゴロ音と
                    前足フミフミが、もう止まらないのです。
                    落ち着いたら、また、可愛い写真が撮れるでしょう。



                    つづく。
                    2014.03.09 Sunday

                    マロンちゃんよ、今どこに。

                    0
                      先日、

                      南阿蘇にもらわれていった子猫レオンくんの
                      少し大きくなった、元気そうな写真が
                      メールで送られてきました。

                      阿蘇は寒いからお洋服を着たりして、、、
                      飼い主さんの優しさがあふれる写真に
                      目を細めていた矢先のことです。





                      その事件は新町で起こりました。

                      新町の4人家族Hさん宅にもらわれていった
                      レオンくんの姉妹猫・マロンちゃんにまつわる
                      嫌なウワサが耳に入ったのです。

                      「マロンちゃんが新町をうろついている」

                      なになに?脱走か?
                      と思い、電話をかけてみましたが出ません。


                      「マロンちゃん、首輪はずされていた」

                      これは聞き捨てならない。
                      と思い、仕事帰りにHさん宅を訪ねてみました。


                      それは夜8時頃。
                      電気はついていません。
                      気配がありません。
                      ドアノブをまわしてみました。

                      ドアが開きました。


                      そこは、そこは、もぬけの殻、、、??


                      1月に訪ねた時は、賑やかで明るくて
                      子どもたちの声がして、
                      マロンちゃんも元気そうで
                      「いい人にもらわれたな」と、安心して帰ったのに。
                      あれは幻だったのか?


                      今日は真っ暗で。
                      音を立てるのもはばかられて。

                      Hさん宅はビルの4F。
                      一度降りて、また階段を上がってみました。
                      信じられなくて。なにか見間違えたような気がして。




                      電話してみました。
                      今度は留守電に入れてみました。
                      返事は今の所ありません。
                      ケータイの呼び出し音は鳴りますが
                      もう、きっと、出ないのでしょう。


                      結局、



                      マロンちゃんは置き去りにされたのでしょうか?




                      新町は猫にやさしい町。
                      近隣の方がお金を出し合い不妊手術等を行い
                      決まった場所でごはんもあげているそうです。


                      そんな町で起こった悲しい出来事。


                      止むに止まれぬ事情があったのでしょうが
                      相談して欲しかったです。
                      永遠のアフターサービスがついていること、
                      私がHさんにいい忘れたのかもしれません。

                      マロンちゃんはそろそろ手術をしなければならないお年頃。


                      心配しています。


                      マロンちゃんを見かけた方、
                      とりあえず保護してもらえませんか?
                      とりあえずウチで預かります。
                      太一くんの妹ですから。


                      器量好しで人懐っこいマロンちゃんですから
                      もう、新しい飼い主さんに拾われている可能性もあります。
                      だったらいいのですが。


                      罪を憎んで人を憎まず。

                      Hさんに対しては
                      不思議と怒りの感情はおきません。

                      マロンちゃんを可愛がっていた
                      あのお兄ちゃんと妹に、
                      ママは何と説明したのか?
                      心の傷になってはいないか?

                      心配です。


                      マロンちゃん、出ておいで。
                      新町の八百屋さんも心配しています。


                       
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM