2014.06.16 Monday

京都の厚み

0
    京都から三人の若者と
    ひとりのおっさんが熊本に来ていました。

    島田美術館で行われていた陶染陶木展。
    京都の作家、
    稲澤隆生さん、斎藤高志さん、
    中村譲司さん、森口信一さんの展覧会。

    今日迄なので、
    あわてて行ってきましたら、
    なんと、素敵なものばかり。
    グッときました。
    お値段もお手頃。
    こんなに素敵なのに手が届くとは、、、
    夢のようです。

    制作者には悪いですが
    あのフライヤーでは
    この良さは伝わらない。

    まず、品がいい。

    品格がある、というのか?

    あの若さで、こんなに洗練されている。
    これから、どこまで研ぎすまされるのか。

    無理して見に行ったのは、
    知り合いの知り合いが出品しているから
    というのもありました。

    茶器を中心に作られている
    稲澤隆生さん。

    ふと見ると、いつも女性に囲まれていて
    モテモテのモテ男。
    不思議な人です。

    お茶もいただきました。
    可愛い茶器でいただくお煎茶ワールド。
    抹茶とはまた違う、魅力があります。



    稲澤さんの作品には、こんな可愛いものも。



    中村さんの作品も、
    もう叫びたい程、欲しかった。


    なぜ買わなかったのか?
    早く帰って仕事しなければならなかったので、
    ひとつに決められなかったのです。
    バカバカバカ。

    写真撮ってないですが、
    染色も木工の作品も良かったです。

    京都の人材の厚み、深みを感じました。

    次回は必ず。財布を持って行こう!!




     
    2014.05.19 Monday

    ピカソと彌生とヘルマン・ヘッセ

    0

      今更ですが、ゴールデンウイークの頃のお話。


      ピカソ展を見に、熊本県立美術館へ。

      なんか、イマイチでした。
      (ま、素人発言ですからご勘弁を。)
      というのも、版画展だと知らなかったから。

      行けども行けども、版画ばかり。
      当たり前です。版画展です。

      同じような習作が続き、途中で飽きてしまいました。
      好きだったのはジャクリーヌの辺り。

      最後の物販で見た
      ピカソの指人形の微妙な感じに笑いました。
      ヘタヘタな感じ。
      ピカソが見たら怒るんじゃ?

      フェルメールの真珠の耳飾りの、、、も
      ありましたが、これはさらにヘンテコ。

      ここが一番楽しめました。
      スタッフの方に勧められましたが
      どうにも手が出ませんでした。


      あまりに物足りなかったので、
      帰りに別館で細川コレクションを観覧。

      武士のファッションというテーマでしたが、
      これは面白かった。
      テンション上がりました。
      ピカソより断然面白かった。
      これで、良い一日になりました。
      地味にやってますが、これはオススメです。



      次の日は、
      熊本市現代美術館へ草間彌生展を見に。
      これは、まずまず期待通り。

      最初のモノクロ線画のヤツが
      見ていて楽しかったです。
      草間彌生の楽しくてしょうがない感じが
      伝わってきて、何か叫びたくなりました。

      ピカソに勝ってましたよ、彌生ちゃん。





      あとは、家で庭仕事。
      ヘルマン・ヘッセ状態です。
      ずっとやりたかった、あんなこと、こんなこと。

      DIYに緑のカーテン。
      やっと手を付けることができました。
      やれやれ。

      あと、出来なかったのは
      自分のスカートを
      新しいミシンで作ること。

      残念。

      型紙を切ることさえできませんでした。
      夏迄に何とか。
      出来るのか?
      出来ないのか?
       
      2014.05.09 Friday

      田代絵画研究所

      0

        案内DMとポスターを作らせていただいたご縁で
        田代絵画研究所 初めての作品展を見てきました。



        画家の田代晃三さん率いる生徒さんたちの作品展。

        みんな素人さんなので、
        そこまで期待はしていなかったのですが(失礼な)、
        絵を描く楽しさにあふれた
        とてもいい展覧会でした。

        会場に居た生徒さんが
        「下手は下手なりに・・・」と
        おっしゃっていましたが、

        その言葉をそのまま使うなら
        それは顔をしかめるような下手ではなく
        顔がにんまり笑顔になるような下手具合(?)

        ひとりひとりの個性が際立っていて
        のびのびしていて、いいなぁと思いました。

        これは、もしや、
        みなさん上達するのでは?
        そんな予感のする作品展でした。
        11日、日曜日まで。熊本県立美術館分館にて。



        ついでに、、、

        すぐ近くの熊本県伝統工芸館では
        染織家・高津明美さんの
        これまた生徒さんたちの作品展が開催中。
        同じく11日まで開催。

        これには、私の親戚が出展しているので
        ちらっと見てきました。
        千葉大の名誉教授でありながら、
        年下の高津さんの教え子となり二年ほど。
        出展者の中では一番の下っ端です。

        他の出展者の方は数々の受賞歴があるのに
        「私だけ何もない」と。

        力のある二十年選手の皆さんには
        もちろんかないませんが、
        彼女は大学で「美学」を教えていた人。

        これまた上達する予感が、、、、

        少しずつ、あるいは突然に
        うまくなる瞬間を見届けたいと思います。

        がんばれ!!

        いいですね、習い事。
        2014.01.19 Sunday

        エリーゼのために

        0

          フライヤーとポスターをデザインしたご縁で
          今日のお昼間、
          小さなコンサートを見て来ました。

          Marie&Miharu Dio Concert

          同じ音大卒の先輩・後輩という
          ヴァイオリニスト 龍野 満里絵さんと
          ピアニスト 森本 美春さんのコンサートです。

          満里絵さんはマーメイドラインの大人っぽいドレス。
          美春さんはプリンセスのようなピンクのドレス。

          衣裳も楽しみのひとつ。
          素敵っ。子どもたちも喜んだのでは?



          私がうかがった昼の部は、
          子どもたちも楽しめる
          なかなかの選曲。
          な、なんと、オープニングはエリーゼのために、、、
          ですから。なかなか、やりますな。

          しかし演奏は決して子ども騙しではありませんよ。
          なっかなかの出来、満足できるものでした。

          セットリストは耳なじみのある曲ばかりなので、
          ピアノのソロ曲は思わず指が動いちゃいます。

          ま、私の場合、
          実際はうまくひけないでしょうがww

          今はもうバイエルとかやらない時代。
          でも、ブルグミュラー25が
          再評価されているという記事を
          最近新聞で目にしました。
          そりゃ、そうでしょう。
          やりましょうよ、ブルグミュラー。
          アラベスクひかないなんて信じられません。
          あー、なんかひきたくなった。


          と、話がそれたので戻しますと、、


          特にヴァイオリンは巧かった。
          期待以上でした。
          大学を主席で卒業なさったとか、、さすがです。

          もっと、いろんな曲を聴いてみたいと、、
          思いがけなくファンになってしまいました。
          キャラクターも魅力的。

          小さな会場だったので
          ちょっともったいないなぁとも。
          もっと多くの人に知ってもらいたい
          お二人の、今後の活躍を期待しています。

          まずは、Brave!!
          おふたりに拍手喝采を。
           
          2013.12.06 Friday

          思いたったが南阿蘇

          0

            今日、行こうかな。

            今日行かなかったら、
            もう行けないかも、、、
            いや、行かないかも、、、

            ということで、車走らせ行って来ました。
            現在、南阿蘇「阿蘇白水郷美術館」で開催中の
            澤村武山 作品展
            「いとしき風景たち  八代ー南阿蘇」。





            あいにく曇っていて
            阿蘇の山々はぼんやりしていましたが
            案外温かで、いい気分転換になりました。

            作者はこの人。



            清々しい展覧会。
            本格的に寒くならないうちに、
            ぜひ、足をお運びください。





            なぜ、こんなに宣伝するかというと、

            入館の際、500円のところ300円しか
            支払わなかったから。
            美術館の方が、釣り銭持って来るの忘れたのだとか。

            宣伝してますよー。

            それにあと200円は、いつか必ず
            きっちり返しますから。

            ホント!!

            12月23日まで開催中です。
            2013.11.22 Friday

            めでたさをめでる!!

            0

              ハガキをデザインさせていただきながら
              見逃す展覧会が多い私。

              恩知らずです。



              しかぁし、
              これには間に合いました。




              平野明 張子展
              24日 日曜日まで
              島田美術館で開催中!!

              岐阜県飛騨市在住の作家さんです。



              めでたい気持ちでいっぱいになれる
              何だかお得な展覧会。

              手の込んだ作りは、さすが。
              生意気そうな猫ちゃんがキュート。

              匍匐前進している張り子の猫を見て、
              ウチの猫は
              目をまん丸にして警戒していました。

              この、存在感は要注意。
              ぜひ、ご覧ください。

              あと2日しかありませんが。
              2013.11.04 Monday

              鈴鹿芳康がやって来る、Yah!Yah!Yah!

              0
                11月1日、
                京都とバリを拠点に活動する美術家
                鈴鹿芳康さんが熊本にやって来た。


                ウチの事務所で
                展覧会の企画の打ち合わせをし、

                wifiルーターの使い方がわからないというので
                auのショップに連れて行く。解決。
                でも、なぜ、熊本で?

                愛用のボールペンのインクが切れたのに
                なかなか見つからないというので
                文具屋に連れて行く。解決。


                せっかくなので
                熊本現代美術館を見に行く。

                浜田知明さんの彫刻を見せ、
                メインの展覧会へ、、、

                東南アジアの作家達の作品展。
                気に入ったのは、
                アラヤー・ラートチャムルーンスックの作品
                《タイ・メドレー1、2、3》 2002年

                身寄りのない遺体が並ぶ死体安置所で
                作者が美しい物語を歌うように朗読する。
                その映像が三分割されたスクリーンに流れる。

                作者は女性で、全身花柄の服を身にまとい
                横たわった遺体は、鼻から下を
                花柄の大きな布ですっぽり覆われている。

                これが、実に美しいのです。

                これで時間をとってしまい
                食事して本日は終了。


                11月2日。滞在2日目。

                朝9時にホテルに集合。
                今日は助っ人登場。
                鈴鹿氏の古くからの友人である
                伝統工芸館のSさん。

                Sさんの運転で
                小国の坂本善三美術館に向かう。
                ここでは現在、鈴鹿氏の友人である
                上妻利弘さんの二人展が開催中。

                「木寺渡・上妻利弘展 原っぱ」11月17日(日)まで

                上妻さんは、子どものような人で
                無邪気というか、屈託がないというか、、、
                思わず笑顔になってしまう人。

                作品はとてもいい。




                とってもいいです。



                せっかくなので温泉に入る。

                山川温泉。
                観光客が来ない、地域の方が入るための
                無人の温泉。もちろん掛け流し。
                誰もいないので、もちろん貸切。
                気持ちいい。




                無人ですが、料金入れには
                ちゃんと300円入れました。
                目のイラストがこわいので。






                さらに、

                せっかくなので観光しようということで、
                飲料水のCMで一躍有名になったあの滝を見に。

                鍋ヶ滝。

                滝の裏側からの眺めが人気です。



                天気も悪いし、夏でもないのに
                観光客すこぶる多し。

                困難な道のりなのに
                お年寄りも多い。
                小さなカニも多い。かわいいです。

                見る価値がある、ということでしょう。
                いい所です。
                夏に来たいですね、今度は。

                おやじ二人と私でドライブ。
                なかなか充実した休日でした。

                その後は
                画家のNさんが合流して
                生そば森山でお食事会。
                京都では味わえない真逆の美食で舌鼓。
                〆にかけそばをいただき解散。

                11月3日。滞在3日目。

                今日は私がお供できないので、
                鈴鹿さんひとりで行動。

                本妙寺をみせてもらい
                県立美術館分館を見て
                熊本をあとに。
                福岡・朝倉の共生の里に向かいました。

                やれやれ。
                お相手いただいたみなさん、
                お疲れさまでした。

                パワフルで
                いい連休になりました。
                2013.10.11 Friday

                白の胡粉、黒の漆

                0

                  見たい展覧会があって
                  ちらっと島田美術館へ。

                  「白の胡粉、黒の漆」
                  後藤健吉 朝子展。

                  京都で学んだ、高松のご夫婦。

                  ギャラリーに入ると、
                  モノトーンの世界が広がります。

                  後藤健吉

                  漆黒の海は、どこまでも黒い、はずですが
                  写真に撮るとこんな感じ。
                  すべてが写り込み、
                  向こう側にもう一つの世界が広がります。

                  漆の国のアリス、、、みたいな気分。


                  これは、ただただ真っ黒な漆の作品。
                  あれれ。って感じです。

                  後藤健吉

                  漆塗りに白い胡粉を使って非常階段や船が描かれています。

                  これらは健吉さんの作品。



                  これに対して白い世界を展開するのが
                  奥様・朝子さんの作品。

                  後藤朝子後藤健吉

                  きれいですねぇえええええ。

                  私が好きなのはこれ。

                  後藤健吉

                  パンキッシュな作品。

                  写真や言葉じゃ伝えにくいです、この良さは。

                  脱日常したい方、
                  現実逃避したい方。

                  14日まで開催中。ぜひ。

                  同時開催の
                  森口信一木工展も面白いです。
                  2013.10.10 Thursday

                  金峰山、作家めぐり。

                  0

                    撮影用に借りていた作品を返しに
                    河内町の山幸窯へ。

                    東京での個展を前に
                    絶賛制作中(?)の山本幸一さん。

                    制作途中の作品をちょっとだけ。

                    山幸窯山幸窯

                    完成形、楽しみですねぇ。
                    どんな色になるのやら。

                    愛犬フクちゃんも
                    シャンプーしたてでご機嫌さん。

                    山幸窯


                    きゃわいい。


                    フクちゃんに別れを告げ、

                    ご近所の甲斐武さんのお宅にポスターを届けに。
                    甲斐さんは木工芸の作家さん。

                    DMはこんな感じ。

                    甲斐武甲斐武
                    10月17日から熊本・天草で
                    藍染めの大川さんと二人展を開催予定です。

                    存在感のあるエッジの利いた甲斐さんの木工の作品と
                    とろける手触りの正藍染の世界、

                    場所は、鶴屋天草店です。
                    お近くの方、ぜひ足をお運びください。



                    甲斐さんのお宅はギャラリーが併設され
                    作品を見ることもできます。

                    ギャラリー杜ギャラリー杜ギャラリー杜

                    作業場には、
                    たくさんののこぎり、
                    たくさんのカンナ。

                    そして、なぜかウッドベース。コントラバス?

                    woodbase

                    いいご趣味。
                    でも、弾いてくれと背中が泣いていましたよ。
                    甲斐さん。

                    お土産に「なし」をもらい

                    nashi

                    あけびを買って帰路につきました。

                    akebi

                    あけび、、、
                    絵になりますね。

                    でも、

                    どうやって食べるのだろう?
                    クックパッドに聞いてみよっと。
                    2013.10.08 Tuesday

                    棘のある話。

                    0
                      東京、京都、熊本。

                      それぞれ異なる場所で
                      お花の先生をしている三人が、

                      グループ展を熊本で開催します。

                      そのDMやポスターを作らせていただきました。

                      マミフラワー01
                      マミフラワー02
                      お花?
                      という感じではないのです。
                      すでに作風が。

                      熊本の睫變藥劼気鵑虜酩福△箸討盖い貌りました。
                      バラの棘で作った靴。

                      睫變藥

                      カッコいい〜〜〜。

                      作者もイカした大人の女性。

                      今日、その睫擇気鵑里桓宅に
                      ちらっとお邪魔しました。

                      すると、見たことのあるようなワンちゃんがお出迎え。
                      ラッキーちゃん、12歳。

                      おとなしく甘える、カワイコちゃん。
                      いいこ、いいこ。

                      luvky

                      この子、
                      前述の陶芸家・山本幸一さんの愛犬フクちゃんの親戚だとか。
                      狭いですねぇ、熊本。

                      これが、フクちゃん。

                      fuku
                      似てます。

                      ラッキーやフクを呼ぶワンちゃんたち。
                      この、幸せ者ぉ。

                      猫もいいけど、犬もいい。
                      ですね。
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM