<< さよなら仔猫 再 | main |
2018.01.10 Wednesday

さようなら、ギャロ。

1

 

 

甘やかして14年。

溺愛して14年。

 

大畑家の愛猫ギャロは

2017年、クリスマス・イヴの日に

あの世へと旅立ちました。

 

〈2017年11月26日撮影〉

 

 

消化器系のリンパ腫。悪性のガンでした。

 

 

開腹して切除を試みましたが、

すでに手がつけられない状態。
そのままお腹を閉じました。

 

ーーー

 

元気な頃は、

もしもの時は絶対延命しない。と

思っていましたが、

 

いざとなると

生きる可能性を無視できません。

試しに抗ガン剤の飲み薬にチャレンジ。

ギャロが苦しければすぐやめようと。

 

すると、抗ガン剤との相性がよく食欲もりもり。

お散歩も行けて、苦しみゼロ。

すぐに日常を取り戻しました。

 

日本ではまだ未発売の抗ガン剤というのも魅惑的。

効果は絶大、すっかり元気、、、、、

 

 

 

に見えたのですが、

ガンは強者、想像を超えていました。

 

ずっとは効かないのです。

 

そこで、思い切って切除しようと入院。

年末には退院予定でした。

 

 

ーーー

 

 

24日の午後、クリスマスケーキをとりに行く、

その前に

入院中のギャロに会って行こうと病院へ。

 

お昼休みで人気の少ないなか、

ギャロはあらい呼吸をして横たわっていました。

先生によると低体温、ヒーターで温められていました。

 

「ギャロ」「ギャロ」と声をかけると、

大きな声で何度も返事をして、
そのまま、帰らぬ猫となりました。

 

 

 

ーーー

 

 

今思えば、

抗ガン剤で取り戻した、あの元気な日々は

短かったけれど楽しかった。宝物です。

動物病院の先生に感謝です。

 

 

本音を言えば、年は越したかった。

でも、お腹の腫瘍たちは、知らん顔して

お祭り騒ぎ。

腫瘍の親分はまん丸に太っていました。

 

ギャロがだらだらと苦しむことなく逝ったのは

よしとしよう。

 

ギャロの最期に立ち会えた奇跡を

ラッキーとしよう。

 

急激に痩せたのですが、

元が元だけに

最期は普通サイズのなイケメン猫に。

ギャロがガリガリに痩せた姿なんて

見たくないですもんね。

 

 

最期まで、あの眼力は健在でした。

 

 


ーーー

 

 

ペットロス対策としてわがやに留めておいた

保護猫の仔猫を、ギャロの後釜にすえました。

 

ハチ割れじゃないけれど

同じ黒白だし、ギャロが認めた仔猫ですから。

ギャロの記憶を持つ猫ですから。

 

 

 

名前は、チルダと名付けました。

今のところ、悪さしかしません。

 

 

 

さようなら、ギャロ。

こんにちは、チルダ。

 

 

こんなスリーショットはもう見られないけれど

たぶん大丈夫。タマラも私も。

 

 

 

というわけで、

新年のごあいさつができませんでした。

皆様にとって2018年がよい年になりますように。

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM