<< きょうの島美。 | main | 甘えの重さ6.9kg >>
2015.03.21 Saturday

扁桃を切ってみた。

0

    ちょっとした持病がありまして、
    試しに扁桃を切ってみることにしました。
    70%の人に効果がある、、、
    という説があるとか、ないとか。


    入院は
    2015年3月10日から一週間。
    国立病院機構 熊本医療センター。

    手術は3月11日。
    3ヶ月待ちでした。

    家族と保証人だけしか知らない極秘入院。
    仕事に差し支えがないよう
    念には念を入れて準備してきました。

    簡単な手術とはいえ、
    全身麻酔で口の中にメスを入れるのですから
    テンションも上がり(??)ます。

    ただ、怖いとか痛いというイメージはなく
    切らないという選択肢もありませんでした。

    執刀医は
    耳鼻咽喉科のU村N樹先生。

    先生は、
    ちょっとオカシなテンション?の人で、
    働き過ぎか?天然か?ハイテンション。
    でも、いい先生。
    フレンドリーで万事OKです。

    そのU村先生を名医と信じ
    全てを任せた、、という訳です。

    _____


    案内されたのは、東病棟の7F。
    ドン詰まりの個室で、
    なんと、ヘリポートビュー。
    目の前がヘリポートなのです。
    しかも熊本城が見える!!

    麻酔科のH先生によると
    「週1くらいは来るから、絶対見られるよ」。

    ドクターヘリ?
    うほー、楽しみができました。




    で、手術当日。
    術衣に着替え、車椅子で手術室に移動。
    頭にビニールキャップを被せられ、
    H先生に挨拶し、自ら横に。


    、、、、、、、、、と、


    気がついた時は、
    再び部屋のベッドの上でした。
    麻酔、効いてましたね。
    手術もうまくいきました。
    そんなに痛くないし、腫れてない。

    私の口の中を覗きながら、

    「俺は完璧に縫っている」

    と、U村先生も自画自賛。
    これくらい自信があった方がいいです。
    安心ですもん。

    当日は絶食。
    ま、それどころではありませんでしたから。




    直後は動けないし、
    声も出せませんでしたが、

    間もなくプチ復活。早っ。
    点滴をゴロゴロして
    トイレにも行けるように。

    本当に辛かったのは二日くらい。
    血を飲み込んでいたようで、これも苦しかった。
    あとは、ひたすら安静に。
    喉の違和感とベロのしびれがありました。
    術中、器具で舌を抑えていたので、しびれが。

    2、3日は、永六輔みたいなしゃべり。
    この時はさすがに電話に出られないので
    メールでのやり取りでごまかしました。

    でも、少しだけ仕事はしてました。
    迷惑はかけられませんし、
    パソコンがあればできるので。
    便利な世の中です。

    ただ、病院で借りたLANケーブルでは
    何か制限がかかっているらしく
    3メガ程度のデータも送れません。
    結局、自前のwifiを使うことに。

    大変だったのは食事です。
    最初はもちろん流動食。
    メニューは、
    重湯、うすいコンソメ、
    甘みのあるでんぷんのりみたいなもの。
    うすい具なし味噌汁。牛乳。

    でも、アイスクリームが出た時は嬉しかった。
    その夜、院内のローソンで
    ハーゲンダッツを買ってこっそり食べましたっけ。

    その後、退院時には
    三分粥にまで食事は進化しました。
    今でも、柔らかいものオンリーの生活で
    ポテチは厳禁。

    口の中の糸が溶けるまで
    もうしばらくかかりそうです。
    普通のごはんも、それまでお預け。
    何より怖いのは、出血ですから。
    今が大事な時なのです。

    ですよね、先生。

    退院時は、なんだか名残惜しいような、、
    いい経験になりました。
    ちょっと変ですが「楽しかった」です。
    入院。

    医療の現場の大変さを見られたし、
    たくさんの患者さんの大変そうな様子も、、。

    退院時、先生は言いました。

    「あとは、日薬だから」

    今回、この言葉が何度も出てきたのですが
    実は、初めて聞くワード。
    ひぐすり。

    1日1日を過ごすことが、薬となり
    癒されていく、、、
    時間の経過が薬の代わりになる、、、

    みたいな意味でしょうか。

    いいこと言うな、名医は。

    しばらくは安静を心がけて、
    普通に仕事して過ごしたいと思います。

    この手術が、よい結果を導くのか。
    しばらく様子を見たいと思います。

    ホントは一週間仕事を休めと言われたのですが
    さすがにそれは難しい。

    じゃあ、
    血圧が上がるようなことはするなと。
    普段は低血圧なので、大丈夫だと私。

    4月のノエル・ギャラガーのライヴ迄には
    良くなるといいですが。
    テンション、かなり上がると思うので。

    みなさんも、お身体、お大事に。


    _______


    さて、ドクターヘリは見られたのか、、、

    という話ですが、見ました。三回。

    iphoneでムービーを撮ったので、
    編集して2分弱の動画に。
    YouTubeにあげています。
    ぜひ、ご覧ください。



     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM