<< サザンがくれた猫時間 | main | マグナ・グラエキア >>
2013.08.24 Saturday

フジタとパリとMJQ

0

    開催日を一日残して、
    とうとう行ってきました。

    熊本城

    熊本県立美術館
    レオナール・フジタとパリ

    藤田嗣治の渡仏100周年を記念した展覧会。



    熊本ゆかりの画家であり
    猫好きにはおなじみの画家。


    前売券がムダになりませんでした。
    よかった。

    フジタチケット


    なかなか充実した内容に大満足。
    いつも「何か物足りないなぁ」感のある
    県立美術館での展覧会。

    今回はよかったです。

    いろんな画家の作風を真似たシリーズも
    思った以上に数があって
    フジタの学ぼうとする本気度を感じました。

    最初は遊びかな?と、思ったので。

    同時代のアーティスト、
    モディリアーニ、ザツキン、パスキン
    キスリング、キキ、ローランサン、
    モディリアーニのモデルになってた女性、、、
    モデル側も芸術家ってパターン、多いのですね。

    おまけで、
    彼らの作品群もあって豪華でした。



    そしてもう一つのお楽しみが
    吹き抜けホールでこの日だけ開催される

    マンハッタン・ジャズ・クインテット!!
    MJQのリーダーでジャズピアニストの
    デビッド・マシューズ率いる
    熊本トリオのライヴ。

    MJQ

    熊本在住なんです。デビッド・マシューズ。
    何で熊本に住んでるんでしたっけ?
    奥様の関係?
    けっこう長く滞在されてます。
    なんかウレシイ。



    客層はおっさん中心。
    会場は立錐の余地もない
    ギュウギュウの状態。

    私は階段の上からの鑑賞となりました。

    私にもわかりやすい曲ばかりを
    アンコール含めて一時間程度。

    終演し、拍手とともに
    会場を後にするデビッド・マシューズ。

    もっと近くで見たかったなぁ、、、

    と、思っていると、、、、、、、

    こ、こっちに来る。

    デビッド・マシューズが階段を上って
    こ、こっちに来る。


    瞬間、階段を駆け下り
    待ち構え、


    ちゃっかり握手してもらいました。

    やったぁ。


    グラミー賞受賞のデビッド・マシューズと
    握手できました。ありがたや、ありがたや。



    天気にも気温にも
    作品にもラッキーにも恵まれた
    よい休日になりました。

    お土産はフジタの猫。




     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM