<< 子猫ふたたび。 | main | 眠り猫。 >>
2013.04.06 Saturday

観察し続ける奇妙な人々

0
     
    世の中にはおかしな人がいるもんだ。

    奇妙な行動も、とことんやれば
    アートになる。

    これは、誰にでもできることのようで
    そうではない。


    広島市現代美術館で開催されていた
    「路上と観察をめぐる表現史 考現学以後」
    という珍奇な展覧会を見てきました。

    チケット


    観察者たちは、
    その日常を詳細に記録し、
    芸術的にまとめあげる。

    その、目のつけどころがすごい。

    今和次郎による
    「某食堂ノ茶碗ノカケ方」は、
    欠けた茶碗を横からと俯瞰からと
    スケッチして並べている。
    茶碗がどんな欠け方をするか、
    誰が調べようと思うだろうか?

    「東京銀座街風俗記録」では、
    通行する洋装の男性の襟の形の統計をとっている。
    もちろん図入りでパーセンテージも出している。

    「本所深川 女に入用な品物 附値段」
    というのも面白い。

    本所

    ※写真は『路上と観察をめぐる表現史
     考現学の「現在」』フィルムアート社より無断掲載
     ごめんなさい。


    あるいは
    小池富久による「丸ビルモダンガール散歩コース」。
    いろんなモガの後ろ姿と散歩コースを図解。
    ということは、尾行したということだ。

    あるいは、
    吉田謙吉の「アベックの調査」。
    アベック、つまりデート中のカップルが
    どういう風に手や腕を組んで歩いているか、
    公園でどういう風にいちゃついているか
    図解している。

    これは、もう、のぞきであろう。

    やくみつるや赤瀬川原平だけじゃないんだな。
    今でいうと、都築響一だろう。

    観察者たちに興味を覚えたので、
    書籍も買ってしまいました。

    book



    じっくり読んでみようと思います。




    見終わった後、
    もう一つロビーに作品があるのに気づきまして
    見てみますと、

    「あれ、こ、これは、、、、」

    大学でお世話になった
    伊藤高志先生の作品《SPACY》。
    好きな作品です。
    音響は、これまたお世話になった稲垣貴士先生。
    元気かな?

    懐かしい。
    こんな所で作品に再会するとは、、、

    ちょっと、うれしい出来事でした。
    活躍されているのですねぇ。


    さて、
    今回の広島土産は杓子せんべい。
    幸運をめしとる、、、らしいです。

    senbei

    senbei02

    なかなか素敵なデザイン。
    見習いたいものです。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM