2015.04.13 Monday

ノエルとやさしい夜

0

    待ちに待ったこの日が
    やって来ました。

    4月11日、Zepp Fukuokaでの
    Noel Gallagher's High Flying Birds

    そう、世界的ロックバンド
    元オアシスのお兄ちゃん
    ノエル・ギャラガーの来日公演です。

    口汚いが知性を感じる。
    弟リアムと仲が悪い。
    マンUが大嫌い。
    マンチェスターシティしか認めない。

    そんなノエルが
    ノエルの作る曲が大好きです。


    けっこう早めに現地着したのですが、
    物販コーナーにはすでに長蛇の列。
    まぁ、グッズはネットでも買えるので
    それは横目に腹ごしらえへ。

    横のハードロックカフェからは
    ノエルの曲が大音量で流れ出し、
    みんなの気分を盛り上げます。

    そして開場の午後5時。
    早めに行ったのですが、
    既にけっこうな人が並んでいまして、
    お客さんに番号を聞きながら、
    この辺かなという
    列のあたりにもぐりこみました。
    整理番号は160番。
    なかなかの番号です。

    スタッフによると、
    動画はダメだけど、
    スマホでの写真撮影は
    ノエルがOKしているのだとか。
    ほほぅ。そうなんだ。


    で、開場入りしたところ、
    私は前から三列目の真ん中あたり。
    これ、危険な場所です。
    盛り上がってモッシュ状態になる場所、、、
    少々不安を感じながらも
    動くに動けずここに陣取りました。
    男性ファンが多いので、みんな背が高い。
    目障りだ。
    うーーーーん、悩ましい。

    で、開演をひたすら待つ、、、




    と、会場が突如暗転。
    ホーンの音とノイズが混ざった
    音の渦の中からノエル登場!!!!
    黒の半袖ポロシャツ。

    いつものあの赤いギター
    チェリーレッドのギブソン355(?)
    も拝めました。いい色です。



    曲は新旧、そしてオアシス曲を
    織り交ぜた夢のセットリスト。
    好きな曲ばっかり。
    いい曲ばっかり。

    だもんでみんな盛り上がって
    思った通りモッシュが、、、
    お、押すな、押すんじゃない!!!
    しばし耐えつつ、おさまるのを待ちます。
    少し落ち着いてきたらもう安心。
    後はじっくり堪能し、歌うだけです。



    If I had a gun
    Dream on
    Riverman
    What a life!
    The mexican
    Everybody's on the run
    AKA... Broken Arrow
    いや、
    The Wrong Beach だっけ??
    どっちもだ。混乱してます。

    1stアルバムの曲は
    私のミーハー心をわしづかみにするし
    2ndアルバムの曲は
    ノエルの奥深さを感じることができる。

    「オアシスのいい曲は俺が作った」
    と言わんばかりの曲は
    言うまでもなし。

    「歌いたかったら、俺の曲は最高だ」
    と言ったノエルの言葉は本当でした。

    Don't look back in anger

    声の限りに歌いました。
    Sing alongで大合唱。

    ステージ後方のスクリーンに映し出される
    映像もなかなか良かったです。
    曲ごとに違っていい感じ。

    特に赤いメリーゴーランドの映像がよかった。
    Death of You and Me
    この曲にぴったり。

    残念だったのはホーンセクションが
    日本人だったこと。
    海外でのライヴ映像を見てたので
    その人たちが来るのかと思っていたので、、、



    今回終始感じたことは、
    演奏中も、おなじみの客いじりも
    ノエルがとても楽しそうだったこと。

    やさしい。
    とてもやさしいのです。


    ノエルの幸せそうな姿を見て、
    ここだけにしかない
    幸福感と特別感を味わう
    そんな夜になりました。






    そして、
    熊本への帰路に。





    と、ここで
    めでたしめでたしとはならないのが私です。

    なんと、帰りの新幹線のチケットを
    落としてしまったのです。
    改札を通った後だったので
    とりあえず乗ったのですが、、、
    連れがいたので席も解っていたし。

    その後
    熊本駅に到着して改札で駅員さんに
    カミングアウト。

    すると駅員さんがこう言いました。

    「博多駅からFAXが来てます。
    ホームに落とされてたようです。
    今度から気をつけてくださいね」

    うへぇーーーー。
    拾ってくれたやさしい人に感謝です。
    ありがとう。

    この日の私、
    やさしさに包まれておりますよ。


    遠足は、
    家に帰るまでが遠足だとよく言いますが、

    ライヴも、
    家に帰るまでがライヴだと
    思い知らされた夜でした。

    ライヴが終わっても、
    決して気を抜いてはいけない。
    浮かれてばかりじゃダメなのです。

    みなさんも気をつけて。



    では、

    ノエルの愛する、
    マンチェスター・シティに乾杯。

    Noel Gallagher's High Flying Birds
    今年のフジロックにも出演決定。
    楽しみですね。

    2014.12.24 Wednesday

    クロマニヨンズで跳んだ日

    0

      年にひとつ歳をとりますが、
      年に一度、
      一気に若返る瞬間があります。

      ザ・クロマニヨンズ。

      甲本ヒロトと真島昌利率いる
      ザ・クロマニヨンズのライヴです。


      行ってきました。もう汗だくです。
      12月23日、熊本DrumB9 V1。
      客層は小さな子供から中高年まで。
      男女比はほぼ半々。

      「ロックンロールの無間地獄」
      とは、はじまる前のアナウンス。

      いえいえ、ここは天国でした。
      それくらいの覚悟で来いということでしょう。
      モッシュあり、ダイヴあり、ですから。



      整理券番号は37番。
      本来なら最前列に陣取れる数字ですが
      今回は、それを捨てて
      一段上がった鉄柵ありのど真ん中をキープ。
      私の前に実質6列くらいある感じでした。

      とにかく、モッシュに巻き込まれず
      近くでしっかり見て、
      じっくり聴きたかったのです。

      というのも、
      最新アルバム
      「ガンボ インフェルノ」がとてもいいのです。
      久々、、というと失礼ですが
      全曲よくてハズレなし。
      パンクな曲もミディアムテンポもいい。



      曲はあたりまえですが、
      全体的に歌詞がすごくいい。


       好き嫌いじゃない いい悪いじゃない
       流行りのクルマに乗っかってるだけ
       納得してない 満足してない
       選択肢がない どうしようもない

       流行りのクルマに乗ってる 腑に落ちないまま
       流行りのクルマに乗ってる ブッブー
       ( 流行りのクルマ 作詞・作曲 真島昌利)

      これ、安倍政権に乗っかっちゃってる人の歌に聞こえる。
      選挙前に作ったのにね。結果知ってたみたい。

      まぁ、裏を読まなくても
      キュートなロックなのですが。

      他にも、脱原発を感じる歌
      複数あり。

      叙情的な「ルル」も好き。


      ライヴは、
      アルバムの12曲全部と、プラスα。
      アンコールの最後は
      テーマ曲でもある「クロマニヨン・ストンプ」。
      私の眼下では、モッシュの嵐。
      跳びました。ノリました。
      盛り上がりました。

      手軽なiTunesではダウンロードできないし、
      YouTubeにもあまり載らない。載せない。
      クロマニヨンズはCDとライヴなのです。

      アンコールのヒロトは
      腰にバスタオル一枚の出で立ち。
      ラストにお尻をチラ見せしてくれました。

      あーぁ、やっぱり。

      いまだに若くて、細くて、白くて
      尖っていて、磨り減らなくて、
      カッコイイ彼らのファンでよかった。

      今夜あなたの夢をみます。



      
       
      2014.08.11 Monday

      熊本でコレクターズ

      0

        「福岡でも
        こんなに盛り上がることはない」

        ライヴ終了後、
        福岡から参戦したファンの方が
        私に、こう話しかけてきました。

        おぉ、そうなんだ、、、
        よかった。

        8月10日、日曜日
        ザ コレクターズの熊本公演。
        ツアー2014 DA!DA!!DA!!!



        ハッピージャック以来、
        コレクターズを
        ちゃんと見るのは初めてなのですが、
        こんなに盛り上がるとは、、、

        「熊本って
        こんなにノリがよかったっけ?」
        Vo.加藤ひさしもちょっと驚いている様子。

        はしゃいだ甲斐がありました。
        こっちがノセればノセるほど、
        調子づいてくるバンドだって
        知っていましたから。

        ギターのコータローくんも
        ポッドキャストで言ってました。
        「ちやほやされるのは、嫌いじゃない」と。

        ハッピージャックの時とは別人のように
        明らかにノってるコータローくん。
        見ていてうれしくなってしまう。

        ちょうど一年ほど前、
        たまたま聴いたポッドキャスト
        「池袋交差点24時」で、ドはまりし
        ファンになって初のワンマンライヴ。
        イケてるのは喋りだけじゃありません。
        ただの、おっさんバンドだと思ったら大間違い。
        知らない曲も楽しめました。



        リーダー加藤ひさしは
        ストライプのスーツに真っ赤なシャツ。
        思ったより太っていない。

        コータローくんのギター相当うまい。
        さすがです。
        フレッドペリーのシャツ。かわいい。
        もう、超かっこいいです。


        小さな会場だったのですが、
        最初はコータローくん前の
        三列目あたりに陣取りまして。
        ラストは前列にねじこんで
        手に触れました。リーダーにも。
        池24にも報告しなければ。

        アンコール2回。
        4人ともよくがんばりました。
        かっこいい曲つくってまた来てね、
        必ず行きます。
        フレッドペリーかプリティグリーンの服を着て。


        前述の彼女がこう言いました。
        9月、福岡でもやりますよ、土曜日だし。

        うーーーーん。機会があったら。



        じゃ、また。

        きっと再会できるでしょう。
        熊本で。


        ps.

        ザ コレクターズの曲にチューインガムという曲がありまして、
        アンコールで演奏される曲なのですが、

        この時、客はリグレイ社のチューインガムを
        ステージに投げ込むのです。

        万が一を考えて沖縄から取り寄せて
        準備だけはしていたのですが、今回は出番なし。

        残念。


         
        2013.08.15 Thursday

        こっそり愛聴、池24。

        0
           
          パッとしないが息の長いバンド、
          ザ・コレクターズ。

          曲もロクに知りませんが、
          今、このバンドのVo.加藤ひさしと
          G.古市コータローのポッドキャスト
          「池袋交差点24時」にハマっています。


          略して池24。



          ike24


          音楽業界とロック好きの中で、
          隠れファンが多いという。

          2009&2010年
           iTunesベスト・ポッドキャストに選出された
          極悪ポッドキャスト。

          現在すでにシーズン4。



          隠れなければいけない理由は定かではないが、
          私もなんとなく、
          こっそり聴いている感覚がある。

          バンドは知らないがポッドキャストで
          ファンになったという一般人も多い。


          40代後半と50代前半のふたりの雑談は
          とてつもなくテキトーで奇天烈で面白い。
          今まであまりなかったジャンルのような、、、

          なかなかブレイクしないので
          苦労人バンドと言われるが
          実際、彼らに
          怒髪天やフラカンのような苦労は感じられない。


          G.コータローくんが
          あまりの早口のため、
          何度も聞かないとわからない部分もあるが、
          30分弱なので何度でも聴きやすいです。


          内容は基本、
          ロッカーの老いの悩みと
          現状へのグチと負け惜しみ。

          子どものころの思い出と
          大好きなあまちゃん。

          そして、
          スピッツへの感謝の気持ちが
          根底に流れている。


          何が何だか分からないと思いますが、
          毎週水曜日に更新されます。

          私はiPhoneアプリのPodcastから聴いていますが
          webサイトのアーカイブからも聴けます。

          http://studiomog.ne.jp/scrap/bukuro24

          最新ネタは#30 リーバイス質屋の巻


          お暇な時にぜひあなたも
          DO the download!!


          ザ・コレクターズの曲では
          青春ミラーというのが割と好きです。
          モッズっぽくて。

          http://www.youtube.com/watch?v=opyYusNCC-A
          2013.03.31 Sunday

          OKAMOTO'S ライヴレポ

          0
             

            OKAMOTO'S

            という若いバンドを見て来ました。
            一度見たいなと思っていたので。
            熊本DRUM-Be9-V2


            中学の同級生で結成されたオカモトズ。
            今は全員22歳。

            OKAMOTOS


            バンドは家族、、、というコトでしょうか

            全員がオカモト姓を名乗るラモーンズスタイル。

            オカモトは、岡本太郎のオカモトです。


            なかなかよかったですよ。
            まだまだ、、、な所も含めて。

            古い音楽もたくさん聞いてる、、、感じ。
            試行錯誤に好感が持てる。
            全員歌えるので、コーラスもいい。

            曲間の変な感じが初々しい。
            経験が解決する、かな?



            ヴォーカルはニューヨーク生まれで
            ルックス良し。ロックスターの趣あり。
            外タレ呼ばわりされていました。

            ベースはダウンタウンの浜ちゃんの息子。
            巧いです。話にオチを求める所は親譲りか?

            ドラムは元プライベーツのVo.の息子。
            面白キャラ。これもなかなか巧い。

            ギターもわりかし音色とか考えててよかった。
            声も好き。髪型がちょっと変だけど。


            何年後かに、もう一度見て、
            成長を確認したい、、、

            そんなOKAMOTO'S、応援しています。


            2013.02.12 Tuesday

            佐野元春の親心

            0

               
              向学のため、

              行って来ました。


              元春

              佐野元春のコンサート。7列目でした。


              バンドは若く、
              なかなかのメンツをそろえた
              その名も、COYOTE BAND。


              コヨーテ・バンドです。

              (ノーナ・リーブスや
               GREAT3の人がいるらしいのです。)



              「コヨーテって何?犬?」

              とは、隣の一群の会話。

              いい年して、コヨーテ知らないのかよ、、、


              そうです。
              年齢層はもちろん高い。
              40代とか50代でしょうか。
              でも18歳以下はキャッシュバックということで
              親子連れも多かったかも。

              佐野元春の曲は
              有名な曲しか知りませんが、
              コンサートは、なかなかでした。

              キーボードが活きてました。
              あと、正面左端のギターも良かった。
              一曲目からアンコールみたいな雰囲気。
              いきなりアンジェリーナだし。

              さすが、、、という貫禄ありあり。



              細身のスーツを着込んだ佐野元春。
              アンコールは真っ赤なシャツ。

              跳んでました。シャウトしてました。
              ピアノの弾き語りも良かったです。

              そして、一番感じたのは、
              佐野元春がメンバーを思う親心。
              端々に感じました。

              育てようとしている。。。

              二回のメンバー紹介。
              それは一回でいいよ、佐野さん。

              しまいには、裏方であるPAさんが
              熊本出身ということで
              ステージに引っぱりだされておりました。

              大きな拍手と歓声に包まれるPA・さとしさん。

              私もなぜか「さとしーーーー!!!」と
              叫んでおりました。ノリで。


              あと、

              前列方向から聞こえる女性の歓声
              「モトハルぅーーーーーーーー」
              というやつが面白かった。

              すごいんです。その
              「モトハルぅーーーーーーーー」が。

              語尾が長い。ロングブレス、笑える。

              好きなんでしょうね、佐野元春が。



              佐野元春、、、、
              いいバンドでしたよ。
              COYOTE BAND

              勉強させてもらいました。


              2013.01.29 Tuesday

              奈良美智と、いっしょ

              0
                 
                奈良美智展で再現してあった
                奈良さんの部屋。アトリエか?

                そこに、あるロックミュージシャンの
                ポスターが貼ってありました。
                ロッキングオンという洋楽専門の音楽雑誌に
                オマケで付いていたポスターでした。

                カート

                2006年のもので、美術手帖によると
                カート・コバーンらしい。
                定かではありませんが、、、

                その時は、

                「おーー、奈良さんもロッキングオン読んでるんだ」

                と、感動しただけでした。


                が、次の日、
                仕事場で探し物をしていると、、、、
                なんと、同じポスターが。



                そう言えば、貼ろうと思って
                持ってきていたのでした。


                でも私が貼ろうと思ったのは裏面の
                これ。

                punk

                あーーーー、パンクだぁ。
                事務所でテンション
                あげようとしていたのか、、私は。

                とにかく、表裏一体です。

                奈良さんに
                一方的に親しみを感じる私でした。

                いっしょだな、、、と。
                2012.08.19 Sunday

                ロシアの中心で自由を叫ぶ

                0
                   
                  ロシアの女性パンクバンドに
                  不当判決が下った。

                  既に半年拘束されたあげくの
                  2年の自由剥奪刑らしい。

                  バンドの名前は「プッシー・ライオット」。
                  わぉ。


                  捕まったのは三人の女性。



                  では、



                  どんな、悪いことをしたのか??




                  今年2月末、大統領選直前。

                  三人は、モスクワのロシア正教会でゲリラライヴを行い
                  反プーチン的スローガンを叫んだ。

                  「聖母様、プーチンを追い出して」



                  news1



                  マドンナやP.マッカートニー、スティングらが
                  支援を表明しており、国際的な関心も集まっているとか。



                  勇気ある行動ですね。
                  さすが、PUNKS。かっこいいぞ。
                  声を上げなきゃ始まらないっすよ。

                  でも三人のうち二人は、幼い子供の母親・・・

                  人道的にもどうなのでしょう。


                  はぁーーーーー、ため息。



                  これって、こんなに悪いこと?
                  プーチンより??





                  それにしても、

                  名前がプッシー・ライオットだもん。
                  新聞では「子猫の暴動」って訳したあった。へーーー。

                  うちのタマラみたい・・・・

                  riot

                  タマラは今、まさに暴動中。

                  我がやには自由があって、よかった。
                  2012.06.03 Sunday

                  低視聴率だけど。

                  0
                     
                    フジの低視聴率ドラマ「家族のうた」
                    終わりましたね。

                    さんざん叩かれていましたが、

                    私は、案外見ていました。

                    売れないロックスターにオダギリジョー。

                    はまっていると思いますが?
                    ダメですか?

                    歌えるし、ギターも弾ける。
                    限りなく本物感がある・・・

                    odagiri

                    内容は特にいいって訳ではないけれど
                    そこまで言われるほどじゃない。

                    教育的な番組だと思いましたが。

                    子役も、藤竜也も、
                    いやじゃなかった。

                    毎回チラッと登場するロック・ゲストが
                    楽しみでした。

                    ベンジーが通りかかったり、
                    スカパラが居たり、
                    遠藤ミチロウが出たり、

                    今日は、仲井戸チャボ麗市。
                    見損なったーーー。

                    見始めたきっかけは、
                    挿入歌がBIRTHDAYだったから。

                    エンディングテーマが斉藤和義だったから。

                    日曜の夜に、なんとなく見るのに
                    ちょうどいい・・・

                    そんな番組。

                    視聴率に負けず、もう少し続ければ
                    状況は変わっていたかも。

                    そもそも、

                    視聴率がいいから、いい作品かといえば
                    そうとは限らないのだから。

                    なのに最近、
                    オダギリジョー出演の新CMが多い。

                    ちょっと、うれしい。
                    別にオダギリジョーのファンじゃないけどね。
                    2012.05.26 Saturday

                    ノエル・ギャラガーも。

                    0
                       
                      これまた昨日の話ですが、


                      新聞のテレビ欄に


                      ノエル・ギャラガーも・・・


                      の文字。

                      noel1


                      出るのか???


                      オアシスファン必見です。


                      半信半疑で、Mステの時間を待つ。


                      と、、、、、出ました。ノエル兄ちゃん。

                      noel2


                      ノエルの通訳さん、うらやましい。
                      そして、尊敬。

                      あのマンチェスターなまりが分かるんですから。


                      最後に「今日のMステはどうでしたか?」と聞かれ

                      ノエルは一言。



                      「クレイジー」



                      笑えた。


                      AKB48にグレイ、平井堅・・・

                      ノエルにグレイは見せたくなかったな。


                      ノエルは、とても良かったです。
                      歌詞覚えて、ライブで合唱してみたい。

                      いつか。
                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM